活躍する障害者アスリート2

・森井大輝 選手
高校2年生の時、交通事故により脊髄を損傷。病室で観た
長野パラリンピックの影響で、チェアスキーを始めたという。

’14 ソチパラリンピック
スーパー大回転:2位 銀メダル
’10 バンクーバーパラリンピック
滑降:2位 銀メダル、スーパー大回転:3位 銅メダル、
スーパーコンビ:4位、回転:7位、大回転:7位
’06 トリノパラリンピック
大回転:2位 銀メダル、回転:4位、
スーパー大回転:6位、滑降:9位
’02 ソルトレイクシティパラリンピック
回転:6位、大回転:8位

過去の成績を見てわかるとおり、高速系種目にも
技術系種目にも強いオールラウンダー。ソチでは是非
悲願の金メダルを獲得して欲しいですね。

・河合純一 選手
バルセロナ以来5大会連続出場(!)している全盲のスイマー。
先天性ブドウ膜欠損症のため、生まれつき左目の視力はなく、
わずかにあった右目の視力も15歳にして完全に失っている。
メダルをなんと21個(金5個、銀9個、銅7個)獲得している
というレジェンド。

・藤本聡 選手
視覚障害者柔道の男子66㎏級選手。柔道をはじめたのは5歳のとき。
先天的に視力に障害があり、現在では左は視力が0に近く、
右も矯正して0.1くらいだそう。
シドニー、アテネパラリンピックで金メダル、北京でも
銀メダルを獲得しているトップアスリート。